おはようございます、旬やさいカフェ店長の谷田貝です。
雲は多いですが、まだ雨は降っていない栃木市都賀町です。

きのうは、週末のイベントで使うPOPをつくっていました。

週末のイベントは、昨年、はじめて出店した栃木市の産業と物産展です。
昨年、野菜と雑貨を出品して「来年は加工品も出品しよう!」と思いました。と、いうのも…

雨降りで来場者が少ない上、野菜販売では無名のわたしです。
思うように人が集まらず、なかなか販売につながりませんでした。

「農薬や化学肥料漬けの野菜は食べたくない!」けど「無農薬野菜は高くて手が出ない」と困っている人に、谷田貝が栽培するのはどんな野菜なのかを知ってもらうために、「野菜を使った食べ物を試食してもらおう!」と思い、衛生面や非日常などを考え、野菜のジャムをつくることにしました。

野菜のジャムをつくることはすぐにできます。が、保健所の許可がなければ販売することはできません。

保健所の許可を取るためには、厨房機器や調理器具、下水道などを備えた施設が必要なことは、以前、飲食店営業許可を取得したことがあり知っていました。。なので、「野菜を加工してジャムにする施設をつくり保健所の許可を取得しよう!」と、イベント中に決めていたのです。

POPは、『売る』ためではなく、悩みを改善できる野菜があることを『教える』ために掲示します。
なので、非日常感のある野菜ジャムの特徴が一目でわかるよう『無農薬無化学肥料野菜使用』などを全面に出し、『野菜キライ』『子ども』『体にやさしい』『肌荒れ』『口内炎』『予防』『改善』『若返り』などのワードを入れた商品案内もつくります。

さて、きょうは、鉾田市商工会様が開催するセミナーで講師を務めるため、茨城県に出かけます。

ジャムのご注文は、下記ホームページからご注文いただけます。

旬やさいカフェ

姉妹店の飲食店営業許可付きキッチンのある『複合型レンタすぺ~す栃木』のご利用は、会員制の予約制です。
会員登録すると、旬やさいの里の『お試し菜園すぺ~す(0.9m×5mを1年間)』無料で使えます。

ご利用を希望される方は、事前にメール(k.yatagaikouichi@gmail.com)かメッセージでご連絡していただけると助かります。

お気軽にお問い合わせくださいね^^